Archive for the ‘健康’ Category

PostHeaderIcon 自然素材の壁

私の友人が住まいを建てました。自分たち家族が長く住み続けるのですから、素材を選びたいと考えたそうです。特に、床材や壁材には、自然素材を使うことを希望しました。壁の素材として、さまざまなものがあり、目移りしました。

リビングダイニングの壁には、最初から決めていた漆喰を採用しました。漆喰は調湿、臭いや化学物質を吸着、分解する作用をもつ健康的な壁材であると同時に、オークの無垢のフローリングとの相性も抜群です。漆喰と無垢の木を組み合わせることで、どこか懐かしい和モダンな雰囲気が出ています。

そのリビングにつながっていく小上がりの和室の壁には和紙で作った壁紙を選びました。この壁紙は少し冒険だったのですが、日本が世界に誇る和紙を壁紙にしていたので、どうしても住まいのどこかに使って見たいと思っていました。この壁紙は、柿渋染めしたもので、柿渋の濃淡だけのシックな色彩が魅力です。

和室と言っても、一般的な畳でなく、琉球風畳を敷きましたので、従来の和室にない、オシャレな雰囲気に仕上がりました。和室の正面には、アルミサッシの窓がありますが、手前に障子をはめましたので、柔らかな陽の光で、明るい印象になりました。障子には、細かく切った色紙を竜巻状に漉きこんだ和紙を選びましたから、アクセントになっています。白い漆喰の壁からシックな和紙の壁紙の壁へつながり、この障子につながっていきます。どれも日本が世界に誇る自然素材ですが、それぞれの持つ雰囲気は独特のものがあります。その独特の雰囲気が融合されているのは、やはり、自然素材が持つ優しさ、温かさのおかげなのかもしれません。家族が集うリビングダイニングには、清々しい空気と柔らかな陽の光に満ちています。

PostHeaderIcon プロヴァンスの風が吹いて

 私の妹は大学の卒業旅行で、フランスを旅行してからずっと、フレンチカントリーに魅かれています。新婚旅行もやはり、フランスへ行きましたので、夫婦で、フレンチカントリーのファンになりました。結婚してからは、さらにその思いが強くなったようです。

結婚して5年、自分の住まいを建てることになりましたが、自分達のフレンチカントリーの住まいを実現したいと考えました。もちろん、予算もあり、限界もあります。ただ、壁をフランス漆喰で仕上げることだけは実現したいと思ったようです。

妹がよく行く雑貨店の壁を施工した地元の工務店さんを紹介してもらい、計画が始まりました。日本の漆喰は、白いものが有名ですが、フランス漆喰はカラーバリエーションが豊富です。フランスのプロヴァンス地方で産出される天然顔料があります。それが黄土原鉱です。この明るい黄土色をメインに考えました。

 単に、フランスのプロヴァンス地方への憧れからフランス漆喰を選んだのではありません。2年前に、双子の娘が生まれました。彼女達が1日の大半を過ごす住まいですから、健康を守ってくれる素材を選びたかったと言います。健康を守ってくれる素材といっても、知識がないため、よくわかりませんでした。しかし、昔から使っている素材は、長い年月で証明されているので、安心なのではないかと考えました。

漆喰という素材は、日本でも古くから使われています。空気を浄化し、湿度を調節して、臭いや化学物質を吸着、分解してくれます。深呼吸のできる住まいで、のびのび育てていきたいと考えた結果です。プロヴァンス地方は、温暖で、のどかな田園が広がっていますが、何と言っても、色彩豊かなで、ゴッホやセザンヌやゴーギャンなどの芸術家を惹きつけました。住まいにプロヴァンスの風が吹いているような気がします。

PostHeaderIcon 珪藻土の魅力

  日本には木材以外にもまだまだよい自然素材が存在します。

 アレルギーを引き起こす原因であるホルムアルデヒドなどに代表される新素材の建材に含まれる有害物質を含まない建材として、珪藻土が見直されてきています。

 珪藻土とは海や湖、沼などで春や秋に大量発生する珪藻と呼ばれる黄色植物の死骸が主成分の素材です。水底に沈殿したのち有機物は分解され最終的には二酸化ケイ素である殻だけが残ります。それら珪藻の化石からできた岩石が珪藻土の基です。

 細かく粉砕された珪藻土はそれ自体は粘着性がないので石灰や接着剤を混ぜることで壁材として利用されます。自然ならではの風合いと色合いは見た目に優しく暖かみを感じることができます。また左官仕上げならではのコテによる仕上げ方次第で個性が感じられる表情に仕上げることができます。和風モダンだけではなく洋風な住宅においてもた対応できる柔軟性を持った内壁材ということができます。

 人の身体に優しい素材として取りあがられる反面、発癌性があるのではないかとして海外では使用禁止となっている国もあるようです。その後の研究の結果、発癌性があるとされるのは焼結させセラミック状にした珪藻土に限る物との報告がされているようです。

 日本の住宅においての利用は焼結しての使用ではない為、問題はないものとされています。

 珪藻土が再び脚光を浴び始めたことで流通もさかんになってきていますが、中には珪藻土と謳いながら実際のところは成分に数パーセントしか珪藻土を含有していない粗悪品が出回っています。住宅に使用される珪藻土の成分も建て主としてきちんと把握しておいたほうがよいでしょう。

PostHeaderIcon 水回りの便利な機能

  引っ越してきて実感した、水回りの設備としてあると便利なものについてです。

 水回りの中で浴室について、ぜひ付いていてほしい機能としてあげられるのは、まずは「風呂の追い炊き機能」です。女性たるもの(お風呂好きの男性も)は半身浴でゆっくりと湯船につかって長湯をしたい人が多いのですが、追い炊きの機能がないと時間が経つにつれ、湯の温度はさがるいっぽう。健康と美容のための半身浴のはずが湯冷めして風邪をひいてしまったなんてことになってしまいそうですね。

ファミリー世帯の場合では子供たちは早めにお風呂にはいるものですが、仕事で帰りの遅くなったお父さんに至っては、疲れて帰ってきて一日の疲れをお風呂にはいることで洗い流そうとしても、浴槽にはられたお湯はすっかり温度を下げぬるくなっています。これでは家族のために一生懸命に働いてくれているお父さんがかわいそうですね。

しかし追い炊き機能付きのお風呂であれば、沸かし直すことで湯を快適温度にまで上げることができるので問題ないですね。追い炊きの機能がなければ、冷えたお湯を捨ててもう一度いちから湯をはる必要があり、水道代がかかりとても不経済です。シャワーではなかなか疲れはとれないし、身体の芯から温めることができないといいます。気兼ねなく湯船につかることができるためには、ぜひ備えて欲しい設備機能だといえそうです。

ですが、電気代節約のため、我が家ではやっぱり出来るだけ家族は一斉にお風呂に入る努力をしています。

PostHeaderIcon 春休みが始まります

もうすぐ春休みです。

今までは長期の休みとなると子供たちが家にいてどうしようもなくうるさかったのですが、今回からは自分の部屋で遊んでもらうことができるので助かります。

おまけに新学期ともなると新しく買い揃えるものなども出てきてしまいます。

そういった荷物を今までは置くところがなかったのでぎりぎりに買っていましたが、今年はもう心配ありません。部屋もあるし、自分たちで整理をさせようと思っています。

よく新築の住宅を建てると、子供たちがしっかりすると聞いたことがあります。掃除とか片付けとか自分の部屋は自分でやって、台所などはお母さんのおてつだいを進んでするようになるのだとか。キッチンも広くなったので子供と一緒に調理をしても気にならないし、楽しみが増えると思うとワクワクです。

お出かけもしばらくはしないままに、家の中のことを片付けられたらいいなあって希望しています。

家の事も大事。子供のことも大事。もちろんだんなもお母さんも大事。そうだった、お母さんの引越しを手伝うんだった。忘れかけていました。お母さん、ごめんなさい。

この家に越してきてから花粉症かと思っていた鼻水の様子が変わった気がします。くしゃみも減っているような・・・。鼻水も収まったような気がします。やっぱり空気環境がいいんでしょうね。

この前大分でリフォームしようか迷っている友人がうちに遊びに来たのですが、うちを見て絶対リフォームすると言って帰ったのはうれしかったです。

そんなことを考えながら家の中で深呼吸。

健康住宅にしてよかったと思える瞬間です。

新潟で新築の注文住宅を建てようと考えている従姉妹には「空気環境や材質などにこだわった工務店に家づくりの相談するのが良いよ。」と自分なりにアドバイスをしています。

PostHeaderIcon 漆喰の効用

漆喰の壁は空気がきれいということで聞いているだけだと疑心暗鬼ですが、実際に体験をしてみると、私のハナが良いほうに反応してここならマスクが取れるかも、と思ったりしました。

実際は怖くて取れませんでしたが。

無添加住宅のモデルハウスで漆喰の壁の説明を聞きました。

湿度を調節する調湿効果があるそうです。

夏の湿度の高い時には湿度を下げてくれてお部屋の中がからっとしているし、湿度の低い時には湿気を出して湿度を上げてくれるという性質を持っているんだそうです。

そして、驚いたことに空気をきれいに浄化してくれる作用もあるということでした。

漆喰は元々石灰石からできているということなのでこれは自然のもつパワーなんだということでした。

天然のもので室内の空気環境が良くなるなんてすごい。

と思ったのですが

「昔はみんなそうだったんですよ」

との言葉に思わず納得。

昔の家は木と石と土で作っていたわけだから化学物質を含んだ接着剤なんてどこにも使われていないですよね。

だからシックハウス症候群だって最近出てきた病気だし。

でも、本当に家を建ててシックハウス症候群になってしまったら、どうしよう。

せっかく建てた家に住めなくなるかもしれないってこともありえるんでしょうね。

そんなことになったら家を建てた意味がなくなってしまうのでは?

せっかく建てるからにはいい家を建てたい。

金額や間取りも大切だけれど、病気にならない健康住宅を建てることが大切。

そう思ったら私は無添加住宅を建てたいな、と思うようになったのでした。

PostHeaderIcon 無添加住宅との出会い

花粉症の季節もすっかり終わっているというのに、なかなかハナミズが止まらなかった私。

どうやら花粉症ではなく何かのアレルギーらしいと気がついたのは夏も終わりかけた頃。

大分にある住宅展示場もだいたい見終わったけれど、どれも決め手に欠ける感じがしていました。

そんな時、ネットでみつけたのが「無添加住宅」という家でした。

普段から洗剤やシャンプーなどにせっけん素材のものを使っている私はその名前を見てどんなものだろうと興味を持ちました。

そして、資料を請求したところ、モデルハウスがあることを知り、見に行きました。

白い壁に石が貼ってあるその家はパークプレイスの公園通り住宅地内にありました。

そのまま建売住宅として買うこともできるということで今まで見てきた住宅展示場の大きな家とは違い、現実的な実物大の住宅でした。

建物に入った瞬間空気が違うことに気がつきました。

今まで見ていた家のように新築の匂いがしないのです。

案内してくれた方が言うには

「普通の新築のお家だと建材やクロスに使われている接着剤から出る化学物質が体に影響してシックハウス症候群の原因になっているということがわかってきました。このお家は化学物質を排除するためにクロスではなく、漆喰を使っています。」

という説明を受けました。

漆喰といえば昔の家や蔵によく使われていたものです。

実家の塀も一部漆喰塗りだと母が教えてくれました。

これが体にいいとは良くわからなかったのですが、ハナミズが止まらない私にでも、空気がいいのを感じ取れるほど、他のお家とは何か違うと感じられる家でした。

PostHeaderIcon 本当に花粉症?

突然花粉症にかかって身動きが取れなくなった私でしたが、いつまでたっても症状が治まりません。

春になっても夏が近づいてもくしゃみと目のかゆみが止まらず、軽い頭痛も続いていました。何かのアレルギーのようでしたが、原因を突き止めることはしませんでした。

ハウスダストが原因だと言われると、家中の大掃除をしなければならなくなるのが怖かったからです。

掃除が苦手な私にとってそれはちょっと・・・といった感じでしり込みしてしまいました。

アレルギー反応って体の中に自分の体と合わないものが入ってくるとその異質なものを追い出そうとして出るものだそうです。

くしゃみもハナミズも涙も、みんなからだの外へ異質なものを出そうとがんばっているんですね。

こんなに体から水分が出ると脱水症状になってしまう、とか思って心配していたし、水分を取らなければハナミズも出ないんじゃないかとか思っていたのですが、これを聞いてから思う存分水分を摂り、思う存分ハナをかむようになりました。

悪いものは外へ出してあげないといけない。

体はそれを知っていて、外へ出す努力をするように作られているんだと感心しました。

人間には知恵があり、その知恵を使っていろいろなことをやっています。

文明を操ることができるのも人間だけです。

けれど人間の知恵も自然の力には勝てません。

私のハナミズは自然現象に身を任せた結果だと、そう思います。

この自然現象がなかったらハナミズもくしゃみも出なくて体の中にどんどん悪いものがたまっていくのでは?

それも怖いですね。

PostHeaderIcon はじめまして

大分県某市在住、kenkoといいます。

ハンドルネームの由来、「kenko」=「健康」。

両親から丈夫なからだをもらった私はいままでにたいした病気もせず、病気の人の世話をしても世話になることはあまりなく、風邪やインフルエンザの流行におびえつつも感染することはなく・・・一人元気に家族の看病をする、そんなことが多い毎日でした。

そんな私が、ある年突然の花粉症に襲われました。

目はかゆいしハナはズルズルだし、くしゃみばかりで身動きが取れなくなりました。

突然の体調の変化に私自身も戸惑いましたが、家族はもっと驚いた様子でどうしたらいいのかわからなかったようです。

どうもしなくていいからちょっと一人にさせてくれないかな、なんて罰当たりなことを考えたりして。

元気な時には健康のありがたさなんてわからないものですよね。

特に若くて体力のあるうちは、元気だし、体調を崩しても回復も早いから「用心」なんて言葉をあまり考えたりしていなかったかもしれません。

でも、だんだん年を重ねると「若い頃は」なんて言葉が口からでるようになったりして、自分で驚いたりします。

認めたくはないけれど年と共に衰えていく体力や抵抗力。

若い頃みたいにはうまくいかなくなってくるいろいろなこと。

受け止めながらその歳その歳を生きていきたいと思っています。

いつまでも明るく元気でいかに楽しく暮らすかということを考えながら、家を建てた時のことと、日々つれづれ健康に関することを書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。