PostHeaderIcon 窓への対策

夏は涼しく冬暖かい家にしたいと誰もが感じていることと思います。この家を実現させるには住宅自体の断熱性を高めることだけが重要と思っていませんか。もちろん住宅の断熱性を高めることで、夏は涼しく冬暖かい家に近づけることはできます。しかしそれだけではダメなのです。窓への対策をしっかり行うことで夏は涼しく冬暖かい家を実現でき、冷暖房に頼らない生活が送れるのです。

熱の流出割合で一番高いのが窓です。夏は何と焼く70%の熱が窓から入ってきます。冬は約50%の熱が窓から逃げていくのです。この数字を見るだけでも窓の重要度が分かります。最近では窓も高気密・高断熱化が進んでいます。窓の断熱性を高めることで窓周りの日差しを遮り、光熱費を大きく節約できます。
また冬場は窓の結露に悩まされている家庭も多いと思います。窓の結露は、室内の暖かい空気が冷たいものに触れると、水分が水滴になるのです。窓の断熱性を高めることで、結露が軽減されお掃除も楽になります。

また窓の気密性が高いと、音に左右されない住宅にもなります。外から入ってくる音をシャットアウトしてくれるだけでなく、室内から発せられる音を外に漏らさないのです。
このように窓の気密性や断熱性をアップさせることで、冷暖房に頼らず快適な暮らしを得ることができます。また効率よく冷暖房を活用できるので光熱費の節約も実現できます。窓への対策をしっかり行い快適な家に仕上げたいものです。

Comments are closed.