PostHeaderIcon 便利な和室

住宅の洋風化が進み、和室が一室もない家というのも増えてきました。私が現在住んでいる戸建ての賃貸住宅にも和室がありません。
和室はゴロンと横になって体を伸ばす場所としては最適です。子どもの昼寝場所としても和室があると便利です。我が家も新築住宅を建てることになり、その住宅にはリビングの一角に和室を設ける間取りにしました。

このようにすることで和室を多目的に普段使いできる空間にすることができるのです。以前の和室は玄関近くに完全独立型のものが多かったです。しかし独立型の和室にすることで、普段使いしにくくなります。
最近では我が家のようにリビングの一角やリビングと隣り合わせに和室を配置する間取りが人気となっています。このようにすることで家族団らんの場となるリビングに広さや開放感を与えてくれます。和室をリビングの延長として多目的に使用できるので、子どもの遊ぶスペースや昼寝場所として、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行う場所としても活用できます。

私の友人宅はこの和室を小上がりにしていました。小上がりにすることで、洋風リビングと和室の畳の空間が緩やかに区切られ空間にメリハリが生まれますし、違和感なく互いの空間が隣り合わせになっていました。また畳の下に生まれるスペースを有効活用し、収納スペースとしていました。子どものおもちゃや和室で使用する座布団をしまっておくスペースとして活用していました。
今までの過ごし方とは全く違う和室の活用法が増えてきました。自分達の暮らしに合わせてぴったりの和の空間を取り入れたいものです。

Comments are closed.