PostHeaderIcon 二階で過ごす時間

我が家は、子ども達がまだ小さいこともあり一階で過ごす時間の方が格段に長いです。我が家のように子どもが小さい家庭では、このように一階が生活の中心となっていると思います。子どもが成長するまで二階はほとんど使わない、寝る時だけしか使わないと言う風にしてしまっては二階の空間を無駄にしているのです。

そこで我が家は二階で過ごす時間というのも大事にしたいと思い、階段を上がった先のスペースを広めに確保し、ここにセカンドリビングを設けました。二階にも家族で集える空間を設けることで二階で過ごす時間が自然と増えるのです。今ではお風呂上りは二階のリビングで過ごすようになりました。二階のリビングの方が寝室により近いので、子ども達の寝かせつけもしやすいですし、子ども達も眠くなれば自ら寝室へ寝るという習慣が身に付きました。

一人で寝室に寝るのが怖いと感じる子ども達も多いと思います。しかし我が家のこのセカンドリビングは、ここから各部屋へ行き来するようになっているので、扉を開けていれば親の顔も覗けて安心して休むことができるのです。この空間から各部屋へ行き来できるようにしたので、二階には廊下がありません。廊下はデッドスペースにもなるのです。この廊下のスペースを確保することで部屋の広さが占領され空間を有効的に使用できないのです。廊下を設けないようにすることでセカンドリビングも二階の各部屋も有効的に使用できるのです。この空間を設けたことで二階で過ごす時間を大切にするようになりました。

Comments are closed.