PostHeaderIcon 洗面室

洗面室は家族みんながいろいろな目的で使用します。手洗いや歯磨き、ヘアセットや髭剃り、お化粧などの身だしなみを整える時、入浴の前後、洗濯など一日を通して洗面室を使用する機会と言うのは意外と多いのです。最近では洗面室を重視する人が非常に増えています。洗面室の一般的な広さは1坪と言われているのですが、最近では1坪以上の洗面室が多いのです。

我が家も洗面室を広く確保したかったのですが、LDKを優先したことで1坪の洗面室となってしまいました。しかし1坪でも空間を上手に利用することで、狭さや収納不足と感じることなく、使い勝手のいい空間とすることができるのです。化粧台と洗濯機を横並びに配置することで20~30㎝ほどの隙間がうまれます。その隙間をそのままにしておくとただホコリがたまってしまうだけです。ここに隙間収納を用いてキャビネットを設けたのです。

ここにキャビネットを設けたことで、ヘアアイロンやお化粧道具、日々使用する洗剤やシャンプーなどのストック品を収納しておくことができています。そして洗濯機の上部も利用して収納スペースを設けました。ここはオープン棚を設けました。家族それぞれの下着とパジャマをカゴに分けて入れ、このオープン棚にしまっています。洗面室で入浴後着替えをするだけに、ここに下着やパジャマがあると便利です。

1坪でもこれらを収納しておくスペースを十分に確保できるのです。そして入浴時、着替えやタオルを一時置きするカウンターは開閉式にして、使わない時は広々と洗面室を利用できるようにしたのです。1坪でも不満のない空間が広がっています。

Comments are closed.