PostHeaderIcon 洗面室の快適性

洗面室は家族が多目的に使用します。手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧、入浴の前後など生活をする上で欠かすことのできない空間です。そしてここに洗濯機を設置することが多いです。洗面室は家事を行う場所でもあるのです。洗面室の広さ、配置、収納という観点をしっかりと重視しましょう。

まず広さです。今までは洗面室の一般的な広さは1坪でした。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が人気となっています。広さに余裕があることで、三面鏡を二連づかいした広い洗面台を設置することができます。家族が二人並んで歯磨きができることで、朝の身支度をする時間がスムーズに流れるようになります。入浴の前後で使用する洗面室は、服を脱いだり、着たり動作が多いです。動作がしやすいように広さに余裕があるといいものです。

次に配置です。家事動線にも生活動線にも配慮する必要があります。家事動線で一番重要なのが、キッチンと洗面室の動線です。よく行き来をするだけにこれらの動線が短いことで家事効率も高まります。リビングや玄関からのアクセスのしやすさも必要です。洗面室の動線を2方向から行き来できるようにしておくのもいいでしょう。

そして最後に収納です。いろいろな用途で使用する洗面室には、収納しておきたいものが多い場所です。広さに余裕があれば壁一面にオープン棚を設けて収納スペースを確保するのもいいでしょう。また洗濯機や洗面台の間の隙間や洗濯機の上部に生まれるスペースを利用して収納スペースをしっかりと確保しましょう。洗面室で必要な物が全てここで管理されていることで、便利で使い勝手のいい洗面室となるのです。

Comments are closed.