PostHeaderIcon 一番最後の工事

家造りで一番最後に行われる工事が外構工事です。一番最後に行われる外構工事は軽視されることが多いです。そのため外構工事に充てていた費用を建物に周り、外構工事の十分な費用がなくしっかり工事が行われていないという家も少なくありません。私の友人の一人は外構費用を全て建物につぎ込み、外構工事を全く行っていないという人がいます。どんなに立派な建物が完成されていても、外構工事がきちんと施されていないことで住宅の完成度は下がってしまうのです。

また外構工事がきちんと施されていないことで、庭で過ごすこともしにくいですし、防犯性にも下がってしまいます。家造りは外構工事まで!という考えを持って家造りを進めた方がいいと思います。特に玄関の門周りは、門扉、ポスト、表札、インターホンなど機能が詰まった場所です。使いやすさや安全面に配慮して素敵な門周りにしましょう。

門の幅は、荷物が大きい場合や、自転車と一緒でもスムーズに通れる広さがあるのか、ポストは雨に濡れることなく郵便物を取りに行け、また取り出しやすい高さに設置されてあるかという面に配慮しておくといいでしょう。駐車スペースだけでなく自転車置き場もしっかり確保されているか、インターホンには来客者の顔がしっかり写るかということに気を付けるだけで外構への満足度も変わってきます。

家族が毎日行き来をする場所でもあるだけに使いやすさを大事にしておきたいものです。建物とのバランスのとれた外構にも心掛けましょう。色調や素材が建物の外装と合っているのか、近隣の住宅とのバランスが取れているかということにも配慮しておきましょう。外構工事までしっかりと行い素敵な住宅を完成させたいものです。

Comments are closed.