PostHeaderIcon リビングに吹き抜け

我が家は、リビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けることでリビングがより明るく、開放感に溢れ、それでいてオシャレな空間が広がります。リビングは家族が長時間過ごす憩いの場でもありますが、家に来たお客様をお通しする空間でもあるだけに、生活感を感じず、オシャレでスタイリッシュな空間にしたいものです。

吹き抜けを設けることで、高い位置に設けられた窓から日差しをたっぷりと取りこめ、リビングに明るさが増します。開閉できる窓であれば風の流れが得られ室内の空気も新鮮です。そして、二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さが実感できるのです。オシャレで開放感に溢れるリビングが得られる一方で、デメリットが気になり設けるのを止める人も多いのです。

一番気になるのが冷暖房効率です。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇するため、エアコンをつけていてもリビングの足元部分が冷たく寒さを感じるという話はよく聞きます。この対策をしっかりと行っておきましょう。足元から暖めてくれる床暖房を取り入れるのも有効的です。建物と熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性をしっかりと高めておくのです。これらの断熱性が高ければ冷暖房効率を下げることもありませんし、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいとなるのです。

他には、においの充満や音の響きというデメリットがあります。実際に生活してみて音の響きは特に感じています。二階からの声がすぐ近くで聞こえる印象がありますし、一階のテレビの音が二階にもよく聞こえるのです。しかし、裏を返せば一階と二階で会話がしやすく、互いの気配を身近に感じられ安心感が得られるのです。デメリット対策をしっかり行い、吹き抜けの魅力が感じられる空間造りをしましょう。

Comments are closed.