PostHeaderIcon 横一直線の家事動線

家造りにおいて専業主婦である私が重視したことが家事動線です。キッチンを中心にダイニング、洗面室を横一直線で繋いだのです。まずキッチン向かって右側にダイニングを設置しました。一日三度ある食事の支度を行うにはキッチンとダイニングの動線が重要です。

キッチンの真横にダイニングを配置することで、食事の際の配膳や食後のお皿下げの動線が短くなり効率よく行えるのです。キッチンの前にダイニングを配置する家庭も多いのですが、それだと行き来の際の通路幅をしっかり確保する必要がありますし、キッチンへ回り込まなければならないので動線が長くなってしまうのです。

また、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられるようになり、積極的にキッチンへ来てお手伝いをしてくれるようになったのです。キッチンとダイニングを横に配置するのはおススメです。そして向かって左側に洗面室を配置しました。キッチンと洗面室は家事を行う上で一番よく行き来をする動線です。この二つの空間も隣接させることで、家事の効率が高められるのです。

キッチンで食事の支度をしながら、洗面室で洗濯を行ったり、入浴の事前準備を行うことは多いです。同時に2種類の家事を行うことも多いだけにキッチンと洗面室の動線が短いことで2種類の家事がスムーズに行えるようになります。家事の効率が高まることで家事の時短が実現でき、空いた時間を自分の時間に充てることができたり、家族との時間を増やすことができるのです。洗面室とキッチン、そしてダイニングを横一直線の家事動線で家事が楽に行えています。

Comments are closed.