PostHeaderIcon 小屋根裏収納

屋根裏というデッドスペースを活用していますか。小屋根裏収納やロフト収納は制限を守ることで容積率として計算されないのです。小屋根裏は、天井の高さが1.4m以下のものとされています。そして床面積は小屋根裏をつくる下の階の床面積の半分以下と決められています。

これらの決まりを守り我が家は子ども部屋に小屋根裏収納を設けました。子ども部屋に設けた理由は、子ども部屋の広さは必要最低限にしました。子どもが幼少期はワンルームとして広々とした空間が広がっているのですが、成長して個室を必要としたときワンルームを二つの個室に区切るようにしたのです。子どもが成長するにつれて物は増えていきます。しかし、空間は個室になることで狭くなります。広さに限りのある空間に物が溢れないようにこの収納スペースを設けたのです。

窓を複数設けて通風できるようにしました。屋根裏は夏場は熱がこもりがちですが、ここに窓を設けていることで1、2階の熱気も逃げて快適性が高まるのです。クリスマスツリーや扇風機、ヒーターなど季節もののアイテムや捨てたくても捨てられない物、衣類などたくさん収納することができています。

この収納へはハシゴで行き来をします。一つ悔やまれるのが固定階段で行き来ができる小屋根裏収納にしておけばよかったということです。固定階段で行き来をすることで安全性が増すだけでなく、物の出し入れも格段としやすくなるのです。屋根裏というデッドスペースを無駄にせず有効に利用させたいものです。

Comments are closed.