PostHeaderIcon 空間のメリハリ

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。視界を遮ってしまう壁はできるだけ設けず、空間の繋がりや視線の繋がりを大事にするのです。そうすることで家族がどこに居ても顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなり、明るさをしっかりと通すことができたり、風通しが良くなるのです。

しかし、全く壁がなくなってしまうと空間が間延びして居心地の良さも欠いてしまいます。そこで空間の繋がりを大事にすると同時に空間のメリハリにも目を向けるようにしましょう。例えば、家族みんなで過ごすリビングをダウンフロアにします。ダウンフロアにすることで天井が高くなり広さや開放感がプラスされ、適度なこもり感が居心地の良さを高めてくれます。このように床に高低差をつけることで空間のメリハリが生まれ、空間を緩やかにゾーニングすることで居心地の良さを高めることにも繋がるのです。

最近では一体感のあるLDKに隣接する形で和室を設ける間取りが増えています。建具を設けない家庭も多く、建具を設けた場合も普段は開けっぱなしにしてリビングとの一体感を大事にした造りにする家庭が多いのです。

この和室に高さを設けて小上がりにするのです。中途半端な段差はかえって足をつまづきやすくしてしまうので、しっかりと高さを設けて腰掛にちょうどいい高さにしておくのです。畳の下に生まれるデッドスペースも無駄にせず引き出し収納を設け収納力をアップさせるのです。程よい高さの腰壁を設けたり、アーチ状の垂れ壁で視線を抜けさせながらも、間仕切りの役目を果たしてくれる壁を上手に取り入れるのもいいと思います。空間のメリハリにもしっかりと目を向けたいものです。

Comments are closed.