PostHeaderIcon 壁厚収納

家造りを行う誰もが収納を重視することと思います。デッドスペースを生むことなく、上手に収納スペースを確保したいものですが、壁の厚みを無駄にしていませんか。最近では、壁の厚みさえも無駄にしない、壁厚収納が取り入れられるようになってきました。外壁面は断熱材が入るため設けることができなかったり、内壁面においても柱や筋交いの影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともあるのですが、有効に利用できる壁を上手に取り入れ、物の出し入れがしやすい位置に壁厚収納を設け、収納スペースの充実を図ってみるのもいいと思います。

我が家には2ヶ所壁厚収納を設けました。まず壁厚収納の最大の魅力であるスペースに影響しないという点が活かされた、トイレに設けた壁厚収納です。トイレは広さに限りのある空間です。しかし、トイレットペーパーやサニタリー用品、掃除用具、手拭きタオルなどトイレ内に収納しておきたいものは意外と多いです。これらを収納する壁厚収納を設けました。縦長の壁厚収納にはキッチリと必要な物が収められ、狭さや圧迫感を全く与えることなくスッキリとしたトイレが広がっています。クロスの色味と収納前に設けた扉の色味を合わせたことで空間に馴染み、全く違和感がないのです。

そして、もう一か所玄関ホールにお客様用のスリッパラックを設けました。これもサイズは縦長です。お客様のスリッパは使用頻度が低く、玄関ホールに置き型のスリッパラックを設けると行き来の際に邪魔に感じてしまうこともあります。壁厚を利用したことで行き来のスムーズさを確保でき、ミラー扉を設けたことでホコリをかぶる心配もありません。ミラー扉にしたことで家族が外出前に身だしなみを整えるにも最適です。壁厚収納で収納不足を解消させるのもいいと思います。

Comments are closed.