PostHeaderIcon プライベートな庭に

マイホームを手に入れる多くの人が庭への憧れを抱いていることと思います。子ども達を安心してのびのびと遊ばせてあげたいですし、家族や友人達とバーベキューをしたり、ガーデニングをしたり庭で過ごす時間を大切にしたいものです。

そこで庭がプライベートな空間となるように目隠しフェンスを設けるといいのです。これを設けることで今までは眺めているだけの庭だったのが、くつろぐことができたり、趣味の家庭菜園ができたり、子どもや家族としっかりとプライバシーを確保できた空間が広がるのです。近隣住民の視線や通行人の視線が気になると、自分達のプライベートな空間が保ちにくくなります。気になるしせんをしっかりと遮るように目隠しの高さや幅にも注意して設けておきましょう。

大人の目線が隠れるのは高さが約180㎝程度です。室内から見た場合やお隣の敷地の高さによって異なるので、実際にどこからの視線を遮りたいのかを確認しておく必要があります。フェンスを設けることで気になる視線を遮ることができるようになるのですが、素材や形状によっては敷地が狭く感じるようになったり、圧迫感を与えてしまうことがあります。気になる視線を遮りながらも、圧迫感を感じないようにしておきましょう。外構工事は、建物が完成してから行います。そのため十分な予算が充てられなかったというケースも多いです。しっかりと予算配分を行い、プライバシーを確保して居心地のいい庭が広がるようにしたいものです。

Comments are closed.