PostHeaderIcon アウトドアリビングを楽しもう

マイホームを楽しむというとつい室内で過ごす時間ばかりが注目されてしまいがちです。しかし、アウトドアリビングを満喫できる住まいにすることでより住宅の楽しみ方の幅が広がり、居心地の良さを高められるのです。

そこで我が家は、リビングに面してサンルームを設けました。リビングとサンルームの境には大開口の窓を設け、窓で区切っている時もサンルームとの一体感や、庭との繋がりを感じやすくしました。そして、リビングの床とサンルームの床には段差をなくし、フラットに繋げています。小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来ができますし、行き来のしやすさが高まることでよりサンルールを身近な空間だと感じやすくもなります。

サンルールは、室内の延長として多目的に利用することができながらも、庭との一体感も得られ特別な空間です。庭との境にはパネル扉が設けられており、天候に合わせてフルオープンにしたり、閉め切って利用したりサンルームの利用の幅がより広がるようにしました。庭で子ども達を遊ばせながら、ここでママ友とお茶をしながらおしゃべりしたり、天気のいい日には家族みんなでここで食事をしたり、夫婦で晩酌したりといつもの時間がワンランク上の贅沢な時間のようにも感じさせてくれます。

ここの天井には洗濯物干し場を設けています。ここなら天候に左右されることなく洗濯物を干せるので毎日の家事を円滑に行えています。特に今の花粉が多く飛散する時期には、扉を閉め切っておけば花粉が衣類につかないため安心して干すことができるのです。憩いの場としても最高ですし、実用性の高いサンルールを設けてみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.