PostHeaderIcon 洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。家事の中で体力が求められる家事でもあるだけに洗濯機を設置している洗面室から洗濯物干し場への動線に配慮して、家事の効率が高められ、体にかかる負担が少ない位置に洗濯物干し場を設けておきましょう。屋外はもちろんのこと、室内用の洗濯物干し場もしっかりと設け、毎日の家事をよりスムーズに行えるように環境を整えておきたいものです。

洗濯を終えた洗濯物は、水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので、できるだけ動線を短くして体にかかる負担を軽減させるのです。一番いいのは、洗濯機を設置する洗面室に勝手口を設けて、その先にインナーバルコニーを設けておきます。これなら移動することなく一か所で洗濯物を洗う→干すという作業が行えます。重たい洗濯物を抱える手間がかからないので高齢になった時でも体に負担がかかりにくいのです。

また、インナーバルコニーなら少々の雨でも衣類が濡れる心配がないので外出時に雨が降っても安心です。そして、広さに余裕のある洗面室を設けておけば、ここの天井に室内物干しを設けておきます。これなら移動する必要がないのはもちろん、インナーバルコニーに干している洗濯物をサッと室内物干しへと移動させることができるため、洗濯物を取り込むけどすぐにたたむことができない時などはここに一時置きすれば衣類にシワも入りません。もちろん悪天候時や夜の洗濯時も役立ちます。洗濯物干し場の環境を整えておくことが家事をラクにするポイントの一つでもあるのです。

Comments are closed.