PostHeaderIcon 小屋裏収納(収納スペース)

二階の1/2未満のスペースであることと、天井高1.4m以下であるという条件を満たすことで床面積に含まれず、2階建て住宅として設計できる魅力を無駄にせず、しっかりと大きさのある収納スペースを隠し、居住スペースの快適性をより高めてみてはいかがでしょうか。
屋根の下に生まれるデッドスペースを活かして小屋裏収納を設ける家庭も多いです。
下階の居住スペースを狭めることなく大きな収納スペースを確保できる魅力を無駄にしたくはないものです。
この収納スペースを設ける際に気を付けておきたいのが、行き来の手段です。
今まではハシゴでの行き来が主流でした。しかし、ハシゴでの行き来は勾配が急であるため物の出し入れがしずらいですし、何よりも安全性に欠けてしまいます。
そこで固定階段で行き来が行えるようにしておくといいと思います。
行き来がしやすいことで高齢になった時でも利用しやすい収納スペースとなりますし、物の出し入れもしやすくなります。
行き来のしやすさから単に収納スペースとして利用するのではなく、書斎スペースや趣味スペースとして一つの空間として利用させることもできます。
収納スペースとして利用する際には、雛人形や兜、鯉のぼりやクリスマスツリーなど季節もののアイテム、アルバムや学校での製作品、賞状やトロフィーなどの捨てられない思い出の品など一か所に整理しておきます。
普段使わないものをここにきちんと整理して、居住スペースをスッキリと居心地のいい空間に保てるようにしておきたいものです。

Comments are closed.