Posts Tagged ‘お風呂’

PostHeaderIcon 安心して入れる浴室

住宅内で事故の多い場所の一つである浴室。
この浴室の安全性を高め、小さい子どもから高齢者まで安心して入れる浴室を目指したいと思います。

私の実家は数年前浴室をリフォームしました。
そんな父が新築住宅を建てる私にアドバイスしたことは体の洗い場から浴槽へまたぎやすくした方がいいということです。
以前の浴槽は高さがあり、また床に置くタイプだったため、入浴する時に足を高く上げてまたがなければなりませんでした。
最近は半埋め込み式が主流になったことで浴槽のへりのまたぎ部分の高さが低くなり、浴槽への出入りがスムーズになりました。

そして脱衣所から浴室へ入る部分の段差をなくすことも安心して入る浴室にするには欠かせない条件です。
以前は段差をつけることで、浴室の水が脱衣所へ入ることを防いでいましたが、ドアの下に取り付けられたゴムのストッパーで浴室からの水の浸出を防ぐことが可能になり段差なくスムーズに出入りができるようになったのです。
ほんの少しの段差でも小さい子どもや足腰の弱った高齢者はつまずいて転倒してしまいます。
バリアフリーにすることでつまずく心配がなくなり安全性の高い浴室になるのです。

そして滑りにくく、衝撃を吸収してくれる床にするとより安全性が高まります。
以前の浴室はタイルの床でつるつるして足を滑らせてしまうということもあったと思います。
最近の床は表面に凹凸を細かくすることで、濡れていても足が床面をとらえて滑りにくくなっているのです。
事故の多い場所だからこそ安全性をしっかりと確保して安心して入れる浴室にしたいものです。

PostHeaderIcon 使い道がたくさんあるのが魅力です

 「風呂の追い炊き機能」と同じく浴室の機能としてあると非常に便利なのが「浴室換気乾燥機」です。

これがついていると浴室の環境を悪化させることなく気持ちよくお風呂にはいることができます。浴室は湿気の多い場所な為、どうしてもカビが発生しやすくなってしまいます。そこで浴室換気乾燥機がついていれば24時間換気をおこなうことができ、入浴後も浴室換気機能を使えば短時間で浴室を乾燥してくれるのでカビの発生は非常に少なくなります。きついカビ除去剤を使用しての掃除の手間がなく、主婦にとってはたいへん助かります。

 また女性のひとり暮らしで心配なのは、ひとりで住んでいることを第三者に悟られることです。そのため屋外に洗濯物を干すのを嫌う人が多いようです。

室内干しでは、十分に乾燥されないことから生乾き特有の匂いがすること場合があります。そんな時にでも浴室換気乾燥機があれば、浴室で洗濯物を乾燥させることができます。乾いた温風によりすばやく乾かしてくれます。

 このほかに冬場に活用できるのが浴室暖房機能です。浴室は廊下側にあると冬場などは非常に寒い場所となります。高血圧の方などは室内と浴室との温度差でヒートショックを起こすことだってあります。そのような危険なことが起きないように浴室を浴室暖房で温めておいてから入浴することができるのでこの機能もたいへん重宝されます。

 このように、日進月歩。お風呂などの水周りの機能は豊富になってきていて使い勝手がどんどんよくなってきているものなので、これからは要チェックしたい設備機器のひとつかと思われます。

ただ、我が家では電気代節約のためやっぱり部屋干しするのでした。

PostHeaderIcon 水回りの便利な機能

  引っ越してきて実感した、水回りの設備としてあると便利なものについてです。

 水回りの中で浴室について、ぜひ付いていてほしい機能としてあげられるのは、まずは「風呂の追い炊き機能」です。女性たるもの(お風呂好きの男性も)は半身浴でゆっくりと湯船につかって長湯をしたい人が多いのですが、追い炊きの機能がないと時間が経つにつれ、湯の温度はさがるいっぽう。健康と美容のための半身浴のはずが湯冷めして風邪をひいてしまったなんてことになってしまいそうですね。

ファミリー世帯の場合では子供たちは早めにお風呂にはいるものですが、仕事で帰りの遅くなったお父さんに至っては、疲れて帰ってきて一日の疲れをお風呂にはいることで洗い流そうとしても、浴槽にはられたお湯はすっかり温度を下げぬるくなっています。これでは家族のために一生懸命に働いてくれているお父さんがかわいそうですね。

しかし追い炊き機能付きのお風呂であれば、沸かし直すことで湯を快適温度にまで上げることができるので問題ないですね。追い炊きの機能がなければ、冷えたお湯を捨ててもう一度いちから湯をはる必要があり、水道代がかかりとても不経済です。シャワーではなかなか疲れはとれないし、身体の芯から温めることができないといいます。気兼ねなく湯船につかることができるためには、ぜひ備えて欲しい設備機能だといえそうです。

ですが、電気代節約のため、我が家ではやっぱり出来るだけ家族は一斉にお風呂に入る努力をしています。