Posts Tagged ‘動線’

PostHeaderIcon 回遊型動線

家造りでまず最初に決めることが間取りです。どこになにを配置するかで住宅内の移動のしやすさが変わってきます。移動のしやすさを高めることは暮らしやすさにも繋がるため、生活をイメージしながら動線のスムーズさに配慮して間取りを決めましょう。

そこで行き止まりのない回遊型動線を取り入れるのもいいでしょう。特に住宅内で行き来を頻回に行う部分に回遊型動線を取り入れるのです。一室に二か所以上の出入り口がある部屋同士を繋げると二つの方向に移動することが可能となります。無駄な動きを省け、最短で移動できるのです。家族が集中しがちな場所や誰かが作業をしていて、すれちがいができない場合の回り道にもなり、住宅内の移動がスムーズとなるのです。

専業主婦である私が注目したのがキッチンからの動線です。主婦の多くはキッチンを中心に家中を動き回ります。キッチン近くに水周りを集約しておくことで、移動負担を軽減でき、家事を効率よく行えるようになるのです。例えば、玄関と納戸、キッチンを回遊型動線にします。玄関横に設けた納戸は、ベビーカーや三輪車、ゴルフ用品、趣味やスポーツ用品など屋外で使用する物を収納します。

キッチンにも隣接しているためパントリーとして食材やキッチン家電を収納するスペースとしても利用できるのです。買い物から帰宅すると、買って来た物を納戸にサッと搬入でき、食品を整理し、そのままキッチンへ向かうことができます。キッチンからもサッと食品を取り出せるので効率よく調理も行えるのです。わざわざ廊下を通り、リビングを抜けキッチンへ入らなくてもいいため動線がコンパクトになり、移動のしやすさが高まります。よく行き来を行う場所や家族が集まりやすい場所などに注目して回遊型動線を取り入れてみてはいかがでしょうか。