Posts Tagged ‘収納’

PostHeaderIcon 壁厚収納

家造りを行う誰もが収納を重視することと思います。デッドスペースを生むことなく、上手に収納スペースを確保したいものですが、壁の厚みを無駄にしていませんか。最近では、壁の厚みさえも無駄にしない、壁厚収納が取り入れられるようになってきました。外壁面は断熱材が入るため設けることができなかったり、内壁面においても柱や筋交いの影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともあるのですが、有効に利用できる壁を上手に取り入れ、物の出し入れがしやすい位置に壁厚収納を設け、収納スペースの充実を図ってみるのもいいと思います。

我が家には2ヶ所壁厚収納を設けました。まず壁厚収納の最大の魅力であるスペースに影響しないという点が活かされた、トイレに設けた壁厚収納です。トイレは広さに限りのある空間です。しかし、トイレットペーパーやサニタリー用品、掃除用具、手拭きタオルなどトイレ内に収納しておきたいものは意外と多いです。これらを収納する壁厚収納を設けました。縦長の壁厚収納にはキッチリと必要な物が収められ、狭さや圧迫感を全く与えることなくスッキリとしたトイレが広がっています。クロスの色味と収納前に設けた扉の色味を合わせたことで空間に馴染み、全く違和感がないのです。

そして、もう一か所玄関ホールにお客様用のスリッパラックを設けました。これもサイズは縦長です。お客様のスリッパは使用頻度が低く、玄関ホールに置き型のスリッパラックを設けると行き来の際に邪魔に感じてしまうこともあります。壁厚を利用したことで行き来のスムーズさを確保でき、ミラー扉を設けたことでホコリをかぶる心配もありません。ミラー扉にしたことで家族が外出前に身だしなみを整えるにも最適です。壁厚収納で収納不足を解消させるのもいいと思います。

PostHeaderIcon ファミリークローゼット

我が家は洗面室の隣に家族みんなで利用するファミリークローゼットを設けました。これは家事の負担を軽減するために設けたのですが、今では家族みんなが利用しやすく、身支度がスムーズに行えてとても重宝しています。たたんだ洗濯物をしまうという作業は意外と面倒くさくありませんか。私はついしまうという作業を後回しにしていました。それは下着やタオル、夫婦や子ども達の衣類とそれぞれ別々のクローゼットに収納していたからです。しまうという作業を行うだけで、無駄に住宅内を行ったり来たりしなければいけなかったのです。

洗面室の隣に設けたのは、洗面室は脱衣室としても利用しますし、朝の身支度を行う場所でもあります。タオルや下着だけでなく、衣類までしっかりと揃っていることで入浴の事前準備、外出前の身支度がスムーズに行えるのです。動線のスムーズさは暮らしやすさを実感できるだけにここに配置してよかったです。たたんだ洗濯物をしまう場合に無駄に住宅内を移動する手間もなく家事の効率を高めることができており、家事の時短にも繋がっているのです。

ファミリークローゼットと洗面室は建具で仕切っています。このファミリークローゼットへは玄関ホールからも行き来できるように動線を確保しています。帰宅時はここで上着をしまい、部屋着に着替え洗面室へいくことができますし、外出時は洗面室で身支度を終え、着替えまで行い、そのまま玄関へ抜けることができるのです。姉妹は服の貸し借りも多いだけに衣類の共有もしやすいのです。ファミリークローゼットはおススメです。

PostHeaderIcon 物を増やさないために

特に買物が好きでなくても、普通に暮らしているだけで、放っておくと家の中に物が増えていきます。たとえば、頼んでもいないDM、本当は遠慮したい贈答品、あっという間に旧バージョンになってしまう各種ソフトなど・・・。必要でない物を増やさないためには、どうしたら良いでしょう。

必要のない物、欲しくない物、向こうから勝手にやってくる物は、なるべくもらわないように心がけます。DMやカタログ、無料の配布物や粗品はできる限り断りましょう。また、知っている人があげるというものを断るのは難しいですが、もう持っているの、他の人にあげてくれる?など、カドが立たない言葉と笑顔で防衛しましょう。それでも強力な相手だったら・・・涙を飲んで捨てましょう。

必要な物があったら、即買うという行動に移らないようにします。安いから、たくさん入っていておトクだからという理由で買う物は、お金を出さなくても手に入ることも多いです。買うなら、お金を出す価値のある物にします。

一度しか使わない、使う期間が短い、買う価値があるかどうかわからない物は、借りましょう。知人からでもレンタルでも、必要でない物を持ち続ける面倒を免れ、家を広く使えます。

発想を変えれば、思いがけない物が代用できる事があります。買う前に、頭を柔軟にして考えましょう。

持っているものを把握する
上記を実現するには、手持ちのものを活用できるように、自分が持っている物を把握する事が大切です。無意識に物を入れずに、上手に回避しましょう。

PostHeaderIcon 小屋根裏収納

屋根裏というデッドスペースを活用していますか。小屋根裏収納やロフト収納は制限を守ることで容積率として計算されないのです。小屋根裏は、天井の高さが1.4m以下のものとされています。そして床面積は小屋根裏をつくる下の階の床面積の半分以下と決められています。

これらの決まりを守り我が家は子ども部屋に小屋根裏収納を設けました。子ども部屋に設けた理由は、子ども部屋の広さは必要最低限にしました。子どもが幼少期はワンルームとして広々とした空間が広がっているのですが、成長して個室を必要としたときワンルームを二つの個室に区切るようにしたのです。子どもが成長するにつれて物は増えていきます。しかし、空間は個室になることで狭くなります。広さに限りのある空間に物が溢れないようにこの収納スペースを設けたのです。

窓を複数設けて通風できるようにしました。屋根裏は夏場は熱がこもりがちですが、ここに窓を設けていることで1、2階の熱気も逃げて快適性が高まるのです。クリスマスツリーや扇風機、ヒーターなど季節もののアイテムや捨てたくても捨てられない物、衣類などたくさん収納することができています。

この収納へはハシゴで行き来をします。一つ悔やまれるのが固定階段で行き来ができる小屋根裏収納にしておけばよかったということです。固定階段で行き来をすることで安全性が増すだけでなく、物の出し入れも格段としやすくなるのです。屋根裏というデッドスペースを無駄にせず有効に利用させたいものです。

PostHeaderIcon 洗面室

洗面室は家族みんながいろいろな目的で使用します。手洗いや歯磨き、ヘアセットや髭剃り、お化粧などの身だしなみを整える時、入浴の前後、洗濯など一日を通して洗面室を使用する機会と言うのは意外と多いのです。最近では洗面室を重視する人が非常に増えています。洗面室の一般的な広さは1坪と言われているのですが、最近では1坪以上の洗面室が多いのです。

我が家も洗面室を広く確保したかったのですが、LDKを優先したことで1坪の洗面室となってしまいました。しかし1坪でも空間を上手に利用することで、狭さや収納不足と感じることなく、使い勝手のいい空間とすることができるのです。化粧台と洗濯機を横並びに配置することで20~30㎝ほどの隙間がうまれます。その隙間をそのままにしておくとただホコリがたまってしまうだけです。ここに隙間収納を用いてキャビネットを設けたのです。

ここにキャビネットを設けたことで、ヘアアイロンやお化粧道具、日々使用する洗剤やシャンプーなどのストック品を収納しておくことができています。そして洗濯機の上部も利用して収納スペースを設けました。ここはオープン棚を設けました。家族それぞれの下着とパジャマをカゴに分けて入れ、このオープン棚にしまっています。洗面室で入浴後着替えをするだけに、ここに下着やパジャマがあると便利です。

1坪でもこれらを収納しておくスペースを十分に確保できるのです。そして入浴時、着替えやタオルを一時置きするカウンターは開閉式にして、使わない時は広々と洗面室を利用できるようにしたのです。1坪でも不満のない空間が広がっています。

PostHeaderIcon キッチンに便利なパントリーを

最近キッチンに食品庫となるパントリーを設ける家庭が増えてきました。
パントリーがあることでキッチンスペースをよりスッキリと作業のしやすい空間を造り出すことができるのです。
またきちんと必要な物をパントリーにしまうことで、必要な時にどこに何があるかを把握しやすく料理の効率も高めてくれるのです。

スペースに余裕のある人はウォークインタイプのパントリーを設けるといいと思います。キッチンで出るゴミは分別をしなければならずその分ゴミ箱も多いです。
数あるゴミ箱まできちんとパントリーにしまうことで生活感の感じさせないきれいなキッチンになります。

パントリーを設ける時のポイントとしては奥行を持たせない方がいいのです。
奥行のある棚だと奥にしまった物が分からなくなり、見つかった時には賞味期限切れで使用できないということも少なくないでしょう。
浅めの棚に賞味期限が把握できるように陳列して、無駄をなくすようにするといいのです。

このパントリーがあると特売日に買い込んだお菓子やジューズにビールもきちんとしまうことができます。また季節ものの土鍋やカセットコンロなどもしまうことができるので便利です。
ホットプレートなどの使用頻度の低めの家電までもしまえます。
奥行のあるパントリーになる場合は引き出し収納アイテムを取り入れたり、奥にしまった物を確認しやすく、また出し入れしやすいように工夫したいものです。

ウォークインタイプのパントリー内にママのためのワークスペースを設けるのもいいでしょう。
キッチンは主婦の最高の居場所です。
その環境を十分に整えておくためにはワークスペースがあると居心地も高まるのです。