Posts Tagged ‘漆喰’

PostHeaderIcon 自然素材の壁

私の友人が住まいを建てました。自分たち家族が長く住み続けるのですから、素材を選びたいと考えたそうです。特に、床材や壁材には、自然素材を使うことを希望しました。壁の素材として、さまざまなものがあり、目移りしました。

リビングダイニングの壁には、最初から決めていた漆喰を採用しました。漆喰は調湿、臭いや化学物質を吸着、分解する作用をもつ健康的な壁材であると同時に、オークの無垢のフローリングとの相性も抜群です。漆喰と無垢の木を組み合わせることで、どこか懐かしい和モダンな雰囲気が出ています。

そのリビングにつながっていく小上がりの和室の壁には和紙で作った壁紙を選びました。この壁紙は少し冒険だったのですが、日本が世界に誇る和紙を壁紙にしていたので、どうしても住まいのどこかに使って見たいと思っていました。この壁紙は、柿渋染めしたもので、柿渋の濃淡だけのシックな色彩が魅力です。

和室と言っても、一般的な畳でなく、琉球風畳を敷きましたので、従来の和室にない、オシャレな雰囲気に仕上がりました。和室の正面には、アルミサッシの窓がありますが、手前に障子をはめましたので、柔らかな陽の光で、明るい印象になりました。障子には、細かく切った色紙を竜巻状に漉きこんだ和紙を選びましたから、アクセントになっています。白い漆喰の壁からシックな和紙の壁紙の壁へつながり、この障子につながっていきます。どれも日本が世界に誇る自然素材ですが、それぞれの持つ雰囲気は独特のものがあります。その独特の雰囲気が融合されているのは、やはり、自然素材が持つ優しさ、温かさのおかげなのかもしれません。家族が集うリビングダイニングには、清々しい空気と柔らかな陽の光に満ちています。

PostHeaderIcon プロヴァンスの風が吹いて

 私の妹は大学の卒業旅行で、フランスを旅行してからずっと、フレンチカントリーに魅かれています。新婚旅行もやはり、フランスへ行きましたので、夫婦で、フレンチカントリーのファンになりました。結婚してからは、さらにその思いが強くなったようです。

結婚して5年、自分の住まいを建てることになりましたが、自分達のフレンチカントリーの住まいを実現したいと考えました。もちろん、予算もあり、限界もあります。ただ、壁をフランス漆喰で仕上げることだけは実現したいと思ったようです。

妹がよく行く雑貨店の壁を施工した地元の工務店さんを紹介してもらい、計画が始まりました。日本の漆喰は、白いものが有名ですが、フランス漆喰はカラーバリエーションが豊富です。フランスのプロヴァンス地方で産出される天然顔料があります。それが黄土原鉱です。この明るい黄土色をメインに考えました。

 単に、フランスのプロヴァンス地方への憧れからフランス漆喰を選んだのではありません。2年前に、双子の娘が生まれました。彼女達が1日の大半を過ごす住まいですから、健康を守ってくれる素材を選びたかったと言います。健康を守ってくれる素材といっても、知識がないため、よくわかりませんでした。しかし、昔から使っている素材は、長い年月で証明されているので、安心なのではないかと考えました。

漆喰という素材は、日本でも古くから使われています。空気を浄化し、湿度を調節して、臭いや化学物質を吸着、分解してくれます。深呼吸のできる住まいで、のびのび育てていきたいと考えた結果です。プロヴァンス地方は、温暖で、のどかな田園が広がっていますが、何と言っても、色彩豊かなで、ゴッホやセザンヌやゴーギャンなどの芸術家を惹きつけました。住まいにプロヴァンスの風が吹いているような気がします。

PostHeaderIcon 新築の香りとは?

どんどんできてくる家。

この間階段がついていて、2階が見られるようになっていました。

なんとなく家の形が見えてきました。

基礎から始まって棟上げ、そして今の段階とだんだんお家が大きく見えるようになってきました。

基礎の時には「なんか小さいな」と思っていたのですが、

「皆さんそういいますが、どんどん大きくなるから大丈夫ですよ」と担当者に言われて、

本当かなあと思っていましたが、本当でした。

どんどん形になって大きくなっていく家を見ているのは楽しくて仕方がありません。

もうすぐ壁に漆喰が塗られて、行くのだそうです。

そうすると完成も間近。引越しの日取りなども考えなくてはなりません。

ドキドキワクワク。

早くこの家に住みたいと思います。

健康住宅にして、漆喰の壁や薬剤処理をしていない無垢の床材などの自然素材を使っていることは友達にも自慢できそうです。

まあ、そんなにえらそうにすることはないのですが。

昨年、一足先に三重で注文住宅を建てた友達のところへ参考もかねてお祝いに行ったことがあります。

そこは普通のクロスの家でしたが、寒いからと窓を閉め切っていると、あの新築独特のにおいがしていました。

でも、彼女はそれを「新築のにおいだ」というので黙って聞いていました。

私の家ができたらもちろん彼女も招待しますが、その時にどんな顔をして新築のにおいを語るのかが楽しみです。

そんなことを思っている私もかなり嫌な人ですね。

だけど、みんな自分の家が自慢したい。

それは私も同じこと。

早く建ちあがって友達を読んでお披露目パーティーをしたいとほくそ笑んでいる私です。