Posts Tagged ‘配線’

PostHeaderIcon 家族の成長と子ども部屋

住まいを新築する時、間取りを決めていきますが、それは、その時点の家族の年齢や生活スタイルに影響されます。そういう意味では、住まいというのは、完成ということはないのかもしれません。家族というのは、年齢を重ねていきますから、それによって、住まいに求められるものも変わっていきます。

例えば、幼かった子供たちは大きくなり、LDKで、母親と過ごす時間が多かったのが、プライベートルームで過ごす時間が増えていきます。或いは、家族の数も変わっていくこともあります。電気配線にしても、その変化に対応できるように、余裕を持って、考えておくことが大切です。

私の兄が住まいを新築した時、長男は2才でした。子ども部屋を用意していましたが、まだ、幼いし、兄弟姉妹が生まれてくるかもわかりませんでした。そこで、ひとまず、12畳程度の広さのワンルームにしておきました。長男自身も幼いので、とりあえず、プレイルーム兼物置にしておきました。それから12年、長男は中学生になり、彼の下には、双子の妹が生まれました。中学進学を機に、ワンルームに間仕切り壁を設置し、プライベートルームを2部屋に分けました。

その時に困ったのが、コンセントの位置と数でした。3人が快適に過ごすだけの電気配線ができていなかったのです。それだけではありません。近年、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化してきました。自分たちの子どもの頃には考えられなかったような変化ですから、正直、新居を建てた時点で、想像することができませんでした。

新たに、電気配線やアンテナ配線やLAN配線を設置できるように、空配管を設置しておけばよかったと思いました。住まいは、一生ものです。家族が紡いでいく長い時間の経過にも順応できるだけの余裕を持って、建てていくことが大切だと改めて感じたそうです。