Posts Tagged ‘間取り’

PostHeaderIcon 洗濯物干し場

洗濯は毎日行う家事の一つです。家事の中で体力が求められる家事でもあるだけに洗濯機を設置している洗面室から洗濯物干し場への動線に配慮して、家事の効率が高められ、体にかかる負担が少ない位置に洗濯物干し場を設けておきましょう。屋外はもちろんのこと、室内用の洗濯物干し場もしっかりと設け、毎日の家事をよりスムーズに行えるように環境を整えておきたいものです。

洗濯を終えた洗濯物は、水を含み重さを増します。それを抱えて洗濯物干し場まで移動しなければならないので、できるだけ動線を短くして体にかかる負担を軽減させるのです。一番いいのは、洗濯機を設置する洗面室に勝手口を設けて、その先にインナーバルコニーを設けておきます。これなら移動することなく一か所で洗濯物を洗う→干すという作業が行えます。重たい洗濯物を抱える手間がかからないので高齢になった時でも体に負担がかかりにくいのです。

また、インナーバルコニーなら少々の雨でも衣類が濡れる心配がないので外出時に雨が降っても安心です。そして、広さに余裕のある洗面室を設けておけば、ここの天井に室内物干しを設けておきます。これなら移動する必要がないのはもちろん、インナーバルコニーに干している洗濯物をサッと室内物干しへと移動させることができるため、洗濯物を取り込むけどすぐにたたむことができない時などはここに一時置きすれば衣類にシワも入りません。もちろん悪天候時や夜の洗濯時も役立ちます。洗濯物干し場の環境を整えておくことが家事をラクにするポイントの一つでもあるのです。

PostHeaderIcon アウトドアリビングを楽しもう

マイホームを楽しむというとつい室内で過ごす時間ばかりが注目されてしまいがちです。しかし、アウトドアリビングを満喫できる住まいにすることでより住宅の楽しみ方の幅が広がり、居心地の良さを高められるのです。

そこで我が家は、リビングに面してサンルームを設けました。リビングとサンルームの境には大開口の窓を設け、窓で区切っている時もサンルームとの一体感や、庭との繋がりを感じやすくしました。そして、リビングの床とサンルームの床には段差をなくし、フラットに繋げています。小さい子どもから足腰の弱った高齢者まで安心して行き来ができますし、行き来のしやすさが高まることでよりサンルールを身近な空間だと感じやすくもなります。

サンルールは、室内の延長として多目的に利用することができながらも、庭との一体感も得られ特別な空間です。庭との境にはパネル扉が設けられており、天候に合わせてフルオープンにしたり、閉め切って利用したりサンルームの利用の幅がより広がるようにしました。庭で子ども達を遊ばせながら、ここでママ友とお茶をしながらおしゃべりしたり、天気のいい日には家族みんなでここで食事をしたり、夫婦で晩酌したりといつもの時間がワンランク上の贅沢な時間のようにも感じさせてくれます。

ここの天井には洗濯物干し場を設けています。ここなら天候に左右されることなく洗濯物を干せるので毎日の家事を円滑に行えています。特に今の花粉が多く飛散する時期には、扉を閉め切っておけば花粉が衣類につかないため安心して干すことができるのです。憩いの場としても最高ですし、実用性の高いサンルールを設けてみてはいかがでしょうか。

PostHeaderIcon 空間のメリハリ

最近ではワンルームのような一体感のあるLDKが設けられることが多いです。視界を遮ってしまう壁はできるだけ設けず、空間の繋がりや視線の繋がりを大事にするのです。そうすることで家族がどこに居ても顔を合わせてコミュニケーションが取りやすくなり、明るさをしっかりと通すことができたり、風通しが良くなるのです。

しかし、全く壁がなくなってしまうと空間が間延びして居心地の良さも欠いてしまいます。そこで空間の繋がりを大事にすると同時に空間のメリハリにも目を向けるようにしましょう。例えば、家族みんなで過ごすリビングをダウンフロアにします。ダウンフロアにすることで天井が高くなり広さや開放感がプラスされ、適度なこもり感が居心地の良さを高めてくれます。このように床に高低差をつけることで空間のメリハリが生まれ、空間を緩やかにゾーニングすることで居心地の良さを高めることにも繋がるのです。

最近では一体感のあるLDKに隣接する形で和室を設ける間取りが増えています。建具を設けない家庭も多く、建具を設けた場合も普段は開けっぱなしにしてリビングとの一体感を大事にした造りにする家庭が多いのです。

この和室に高さを設けて小上がりにするのです。中途半端な段差はかえって足をつまづきやすくしてしまうので、しっかりと高さを設けて腰掛にちょうどいい高さにしておくのです。畳の下に生まれるデッドスペースも無駄にせず引き出し収納を設け収納力をアップさせるのです。程よい高さの腰壁を設けたり、アーチ状の垂れ壁で視線を抜けさせながらも、間仕切りの役目を果たしてくれる壁を上手に取り入れるのもいいと思います。空間のメリハリにもしっかりと目を向けたいものです。

PostHeaderIcon 横一直線の家事動線

家造りにおいて専業主婦である私が重視したことが家事動線です。キッチンを中心にダイニング、洗面室を横一直線で繋いだのです。まずキッチン向かって右側にダイニングを設置しました。一日三度ある食事の支度を行うにはキッチンとダイニングの動線が重要です。

キッチンの真横にダイニングを配置することで、食事の際の配膳や食後のお皿下げの動線が短くなり効率よく行えるのです。キッチンの前にダイニングを配置する家庭も多いのですが、それだと行き来の際の通路幅をしっかり確保する必要がありますし、キッチンへ回り込まなければならないので動線が長くなってしまうのです。

また、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられるようになり、積極的にキッチンへ来てお手伝いをしてくれるようになったのです。キッチンとダイニングを横に配置するのはおススメです。そして向かって左側に洗面室を配置しました。キッチンと洗面室は家事を行う上で一番よく行き来をする動線です。この二つの空間も隣接させることで、家事の効率が高められるのです。

キッチンで食事の支度をしながら、洗面室で洗濯を行ったり、入浴の事前準備を行うことは多いです。同時に2種類の家事を行うことも多いだけにキッチンと洗面室の動線が短いことで2種類の家事がスムーズに行えるようになります。家事の効率が高まることで家事の時短が実現でき、空いた時間を自分の時間に充てることができたり、家族との時間を増やすことができるのです。洗面室とキッチン、そしてダイニングを横一直線の家事動線で家事が楽に行えています。

PostHeaderIcon リビングに吹き抜け

我が家は、リビングの一部分に吹き抜けを設けました。吹き抜けを設けることでリビングがより明るく、開放感に溢れ、それでいてオシャレな空間が広がります。リビングは家族が長時間過ごす憩いの場でもありますが、家に来たお客様をお通しする空間でもあるだけに、生活感を感じず、オシャレでスタイリッシュな空間にしたいものです。

吹き抜けを設けることで、高い位置に設けられた窓から日差しをたっぷりと取りこめ、リビングに明るさが増します。開閉できる窓であれば風の流れが得られ室内の空気も新鮮です。そして、二階にまで視線が繋がることで面積以上の広さが実感できるのです。オシャレで開放感に溢れるリビングが得られる一方で、デメリットが気になり設けるのを止める人も多いのです。

一番気になるのが冷暖房効率です。特に暖房使用時です。暖かい空気は上昇するため、エアコンをつけていてもリビングの足元部分が冷たく寒さを感じるという話はよく聞きます。この対策をしっかりと行っておきましょう。足元から暖めてくれる床暖房を取り入れるのも有効的です。建物と熱の出入り口で一番大きな窓の断熱性をしっかりと高めておくのです。これらの断熱性が高ければ冷暖房効率を下げることもありませんし、むしろ一階と二階で温度差の少ない住まいとなるのです。

他には、においの充満や音の響きというデメリットがあります。実際に生活してみて音の響きは特に感じています。二階からの声がすぐ近くで聞こえる印象がありますし、一階のテレビの音が二階にもよく聞こえるのです。しかし、裏を返せば一階と二階で会話がしやすく、互いの気配を身近に感じられ安心感が得られるのです。デメリット対策をしっかり行い、吹き抜けの魅力が感じられる空間造りをしましょう。

PostHeaderIcon 洗面室の快適性

洗面室は家族が多目的に使用します。手洗いや歯磨き、ヘアセットやお化粧、入浴の前後など生活をする上で欠かすことのできない空間です。そしてここに洗濯機を設置することが多いです。洗面室は家事を行う場所でもあるのです。洗面室の広さ、配置、収納という観点をしっかりと重視しましょう。

まず広さです。今までは洗面室の一般的な広さは1坪でした。しかし最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が人気となっています。広さに余裕があることで、三面鏡を二連づかいした広い洗面台を設置することができます。家族が二人並んで歯磨きができることで、朝の身支度をする時間がスムーズに流れるようになります。入浴の前後で使用する洗面室は、服を脱いだり、着たり動作が多いです。動作がしやすいように広さに余裕があるといいものです。

次に配置です。家事動線にも生活動線にも配慮する必要があります。家事動線で一番重要なのが、キッチンと洗面室の動線です。よく行き来をするだけにこれらの動線が短いことで家事効率も高まります。リビングや玄関からのアクセスのしやすさも必要です。洗面室の動線を2方向から行き来できるようにしておくのもいいでしょう。

そして最後に収納です。いろいろな用途で使用する洗面室には、収納しておきたいものが多い場所です。広さに余裕があれば壁一面にオープン棚を設けて収納スペースを確保するのもいいでしょう。また洗濯機や洗面台の間の隙間や洗濯機の上部に生まれるスペースを利用して収納スペースをしっかりと確保しましょう。洗面室で必要な物が全てここで管理されていることで、便利で使い勝手のいい洗面室となるのです。

PostHeaderIcon リビングにスキップフロアのある家

我が家は新築住宅を建てることを決め、数多くの住宅を見てきました。多くの住宅を見学する中で、自分達がどのような住宅がいいのかというのが明確になってきました。住宅のイメージも湧いてきて理想の家がより鮮明になってきたのです。その中で私が特に気に入ったのが、リビング内にスキップフロアが設けられている家でした。

リビング内にスキップフロアがあることで、くつろぐスペースと子どもが遊ぶスペースという風に空間を分けて使用することができるのです。どんなに広いリビングでもくつろいでいる横で子ども達が遊び、リビング内におもちゃが散らかってしまうものです。あえてリビング内にスキップフロアを設けることでこの悩みを解消できるのです。また子ども達がDVDなどを鑑賞する時はこのスキップフロアをパソコンスペースや家事スペースとして利用させることもできます。

この空間を大人が使っても、子どもが使ってもしっかりと互いの存在を把握できるので安心できます。家族との一体感を感じられることもできますし、スキップフロアで過ごす時間は個室にいるかのような気持ちにもさせてくれるのです。スキップフロアにはカウンターを造り付け、収納スペースも確保しておくとより使い勝手の幅が広がります。カウンターがあればパソコンも利用できますし、スタディコーナーとして利用させることもできます。収納スペースがあればおもちゃやパソコン関連用品をしっかりと収納でき、限られた空間でもいろいろな活用法ができるのです。ぜひ我が家にもこの空間を設けたいです。

PostHeaderIcon 二階で過ごす時間

我が家は、子ども達がまだ小さいこともあり一階で過ごす時間の方が格段に長いです。我が家のように子どもが小さい家庭では、このように一階が生活の中心となっていると思います。子どもが成長するまで二階はほとんど使わない、寝る時だけしか使わないと言う風にしてしまっては二階の空間を無駄にしているのです。

そこで我が家は二階で過ごす時間というのも大事にしたいと思い、階段を上がった先のスペースを広めに確保し、ここにセカンドリビングを設けました。二階にも家族で集える空間を設けることで二階で過ごす時間が自然と増えるのです。今ではお風呂上りは二階のリビングで過ごすようになりました。二階のリビングの方が寝室により近いので、子ども達の寝かせつけもしやすいですし、子ども達も眠くなれば自ら寝室へ寝るという習慣が身に付きました。

一人で寝室に寝るのが怖いと感じる子ども達も多いと思います。しかし我が家のこのセカンドリビングは、ここから各部屋へ行き来するようになっているので、扉を開けていれば親の顔も覗けて安心して休むことができるのです。この空間から各部屋へ行き来できるようにしたので、二階には廊下がありません。廊下はデッドスペースにもなるのです。この廊下のスペースを確保することで部屋の広さが占領され空間を有効的に使用できないのです。廊下を設けないようにすることでセカンドリビングも二階の各部屋も有効的に使用できるのです。この空間を設けたことで二階で過ごす時間を大切にするようになりました。

PostHeaderIcon スタディコーナー

小学生頃までの子ども達が勉強する場所は、二階も設けた子ども部屋ではありません。家族が近くにいるリビングやダイニングです。リビング学習をする子ども達は学力が向上していると言われています。子ども部屋に勉強机を設置するよりも、リビングやダイニングにスタディコーナーをきちんと確保する方が子ども達の勉強もしやすくなるのです。

食事をするダイニングテーブルや、リビングのローテーブルで勉強をしている子ども達も多いと思います。しかし食事をするダイニングテーブルで勉強をすると、食事の度に片付けなくてはいけませんし、消しゴムのカスが散らかれば衛生的にもよくありません。またリビングのローテーブルだと自分の身長に合わず姿勢を悪くする場合もあります。きちんと子ども達が勉強に集中できるスタディコーナーを設けましょう。

生活するスペースと勉強をするスペースをきちんと分けることで子ども達も生活にメリハリを付けることができるのです。我が家もダイニングの窓際にスタディコーナーを設けました。窓際ということで明るさをしっかり確保できます。子ども達が二人並んでもゆったりと座れて勉強できるようにすることと、勉強道具を一時置きできる収納スペースを確保しました。子ども達がここを使用しない時は、私が家計簿をつけたり、パソコンをするスペースとして活用させたいと思っています。子ども達の学力向上を期待するのであれば、きちんとした姿勢で勉強に集中できる環境を整えましょう。

PostHeaderIcon 便利な和室

住宅の洋風化が進み、和室が一室もない家というのも増えてきました。私が現在住んでいる戸建ての賃貸住宅にも和室がありません。
和室はゴロンと横になって体を伸ばす場所としては最適です。子どもの昼寝場所としても和室があると便利です。我が家も新築住宅を建てることになり、その住宅にはリビングの一角に和室を設ける間取りにしました。

このようにすることで和室を多目的に普段使いできる空間にすることができるのです。以前の和室は玄関近くに完全独立型のものが多かったです。しかし独立型の和室にすることで、普段使いしにくくなります。
最近では我が家のようにリビングの一角やリビングと隣り合わせに和室を配置する間取りが人気となっています。このようにすることで家族団らんの場となるリビングに広さや開放感を与えてくれます。和室をリビングの延長として多目的に使用できるので、子どもの遊ぶスペースや昼寝場所として、洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりと家事を行う場所としても活用できます。

私の友人宅はこの和室を小上がりにしていました。小上がりにすることで、洋風リビングと和室の畳の空間が緩やかに区切られ空間にメリハリが生まれますし、違和感なく互いの空間が隣り合わせになっていました。また畳の下に生まれるスペースを有効活用し、収納スペースとしていました。子どものおもちゃや和室で使用する座布団をしまっておくスペースとして活用していました。
今までの過ごし方とは全く違う和室の活用法が増えてきました。自分達の暮らしに合わせてぴったりの和の空間を取り入れたいものです。