Posts Tagged ‘間取り’

PostHeaderIcon 間取り計画と現実の生活

二世帯住宅を新築する時、共有部分をどうするか、それぞれの世帯のプライベートスペースをどう確保するか大きな問題になります。
子世帯のプライベートスペースには、夫婦のプライベートルームだけでなく、子供たちの部屋も確保しなければいけません。限られた広さの中に、二世帯の家族が住むのですから、どうしても、それぞれの部屋が狭くなってしまいます。できるだけ、収納を工夫して、部屋をすっきりとさせることが大切です。

私の先輩が二世帯住宅を新築したのは、彼女の両親の提案でした。もともとご両親の住まいが建っていたところですので、二世帯住宅を建てるには、少し狭い空間ですから、LDKや水回りを共有にしました。2階部分を子世帯のスペースにしましたので、案外、プライベートスペースも取れました。娘が2人なので、子供部屋は広いワンルームにしました。

子ども部屋には、教科書、ノート、文具類、ランドセル、おもちゃや趣味のもの、洋服など多くの物を収納します。そこで、子ども部屋に、ロフトを作ることにしました。ロフトには、絵本や本、おもちゃや季節外れの洋服などを収納しようと思っていました。かなりの収納スペースになりましたから、子供部屋全体が片付きます。
しかし、現実に生活を始めると、ロフトに収納したものを取り出す時、片づける時、どうしても、高さがあり、はしごなので、不便です。今思えば、両端の壁に、壁面収納を作りつけてもらったほうがよかったのではないかと反省しています。

将来、それぞれが独立した部屋にするときのことも考えて、ワンルームを分けることも視野に入れておけばよかったと思いました。両端の壁に収納を作れば、部屋の真ん中に、間仕切り壁を設置するだけで、うまく、2つの個室にすることができます。
今は、仲良く遊んでいますが、しだいに成長します。受験もあります。将来のことを考えなくてはいけませんでした。

PostHeaderIcon アウトドアリビング

住宅と聞くと室内の快適性ばかり目がいきがちです。
しかし室内だけでなく、外の空間も暮らしの中に取り込むことでより快適で、家に居る時間をより楽しいものにしてくれると思いませんか。
そこで我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。
奥行のあるウッドデッキを設けることで、ここにテーブルやイスを置きママ友とお茶をしたり、夫婦で晩酌をしたり、庭でバーベキューをした時にゆっくり食事ができる空間となります。リビングの延長としてこの空間を楽しめるのです。

自然な形でリビングの延長として楽しむには室内とウッドデッキの高さを合わせて段差を作らないことです。
ウッドデッキへの行き来をよりスムーズにすることでアウトドアリビングスペースをより身近に感じられます。
それだけでなく小さい子どもから高齢者まで安心して行き来ができるのです。
またこのアウトドアリビングをより満喫するためには、この空間のプライバシーを確保することが大事です。近隣住民や通行人の視線をしっかり遮るようにすることで、プライベートな空間を得られます。

我が家はこのウッドデッキスペースの上に二階のバルコニーがあります。
バルコニーにも奥行があるのでウッドデッキの屋根となり急な悪天候にも対応できるのです。
室内からの行き来のしやすさ、周りの視線をしっかりカットすること、天候にも対応できることこれらへの対策をしっかり取ることでアウトドアリビング楽しめる最高の家になると思います。

室内だけでなく、外で過ごす時間にも注目した家造りをしてみてください。
自然と隣り合わせの暮らしは心を豊かにしてくれることでしょう。

PostHeaderIcon 子ども部屋

我が家は新築住宅を建てることになり間取りを考えている最中です。
住宅造りで大事にしていることは適材適所に使いやすさを実感できる収納スペースをしっかり確保しておくということです。

その一つに子ども部屋ロフトを設けることです。
これから成長していく子ども達の部屋には収納するスペースが大事です。
子どもが作った製作品やおもちゃ、季節ものなどまでしっかりと収納できるロフトが子ども部屋にあると便利です。

我が家の子ども部屋はワンルームの広々空間にしておきます。
そして子ども達が成長しそれぞれの個室を必要とする時には可動間仕切りに収納機能を兼ね備えたものを活用しようと思っています。

この間仕切りにも収納スペースがあるので個室になって自分のスペースが狭くなったと感じないように物をしっかり収納できるスペースを確保しておくのです。

天井裏というデッドスペースを収納スペースにすることで空間をスッキリできる便利な収納スペースを手に入れることができます。
可動間仕切り収納でベッドや床に散らかりがちな物をスッキリとなおしておくこともできます。

子ども部屋は子どもの成長によって求められる形が変わってきます。
その時々でしっかり変化に対応でき空間を満喫できるようにしておくことで子ども達も家への満足度が高まることでしょう。

住宅は子どもから大人まで満足でき快適に暮らせなければ意味がありません。
それを実現するためにも子ども部屋のあり方についてはじっくり考えておく必要があると思います。

PostHeaderIcon キッチン内にママのワークスペース

住宅にママのワークスペースを設ける人が増えてきました。
住宅展示場を見に行ってもワークスペースを設けているスタイルも多く見ます。
私はこのワークスペースをキッチンに設けたいと思っています。

キッチンにワークスペースを設けることで家事の合間でもすぐに腰をおろし休憩することができます。
またパソコンでレシピ検索をしてもスムーズに確認しながら料理をすることができます。
家事の合間に趣味のネットショッピングをすることもできます。
キッチン内というのが一つのポイントです。キッチンを中心に家事を行う私にとってキッチンにワークスペースがあると家事も家事の合間の休憩もしやすくなるのです。
またダイニングやリビングに居る家族を身近に感じることができます。
キッチンの前にダイニングを設け、キッチンの横にリビングを設けようと考えています。

このキッチンとリビングの境に壁を設け、その壁に備え付けのデスクを設けそこを私のワークスペースにしたいのです。
壁で全て区切ってしまうと開放感に欠けるので、ワークスペースのデスクの上部にはインテリア棚や収納棚として活用できる棚にしておくとキッチンからリビングの様子を確認でき、また視界を遮らないので圧迫感も感じないのです。
壁の両サイドはダイニングや洗面室への行き来をしやすいようにオープンにしておくといいでしょう。
キッチン内にママのためのワークスペースを設けることで家事を楽しむことも、自分の時間を楽しむことできるのです。
時には子ども達の勉強机としても活用させたいと考えています。